児童向けミステリ企画 - 作品紹介

MYSCON6の「児童向けミステリ企画」で紹介させていただいた作品の一部を、あらためてご紹介します。児童書選びの参考になれば幸いです。


*国内編*

■ 『怪人二十面相』
江戸川 乱歩 (著)
単行本: 245 p ; サイズ(cm): 20 出版社: ポプラ社 ; 1 巻 (1998/10)

ロマノフ王朝のダイヤモンドを巡り、謎の怪盗“怪人二十面相”と名探偵・明智小五郎&助手の小林少年が繰り広げる華麗なる推理対決。多くの人に影響を与え続ける、大乱歩が記したジュブナイル・ミステリの金字塔。

■ 『ピカソ君の探偵帳』
舟崎 克彦 (著)
−: 297 p ; サイズ(cm): 19 出版社: 福音館書店 ; (1983/01)

本当は23歳、だけど見た目は子供の名探偵・ピカソ君が、スポーツカーをかっ飛ばしながら見事な推理で真相に迫る。意外な結末に吃驚仰天、「ぽっぺん先生」シリーズの舟崎克彦による児童向けミステリの隠れた名著。

■ 『ぼくらはズッコケ探偵団 (ズッコケ三人組2)』
那須 正幹 (著), 前川 かずお (絵)
新書: 206 p ; サイズ(cm): 18 出版社: ポプラ社 ; (1983/01)

あのズッコケ三人組が、なんと殺人事件に巻きこまれた! しかも現場は密室状態? コミカルなやり取りの中にもキラリと光る本格味、昨年末にシリーズ50巻で堂々の完結を果たした「ズッコケ三人組」シリーズの第二作。

■ 『二丁目の犬小屋盗難事件 (夏休みだけ探偵団1)』 ※ 絶版
新庄 節美 (著), 岡本 順 (絵)
単行本: 277 p ; サイズ(cm): 21 x 15 出版社: 講談社 ; 1 巻 (1988/05)

ワトソン(和戸尊)、トン(飛田透)、双子の姉妹・保積冴&麗の四人は、夏休み限定で探偵団を結成。トンの家周辺で起こった犬小屋盗難事件の解決に乗り出します。第28回講談社児童文学新人賞入賞、新庄節美のデビュー作。

■ 『流人島の悪魔 (少年探偵ハヤトとケン1)』 ※ 絶版
安達 征一郎 (著)
新書: 188 p ; サイズ(cm): 18 出版社: 偕成社 ; 1 巻 (1988/11)

死体の傍らには怪しげなフグちょうちんが? 推理のハヤトと直感のケン、少年探偵コンビが八丈島で起きた奇妙な殺人事件の謎に挑む。偕成社Kノベルスの隠れた本格ミステリシリーズ。

■ 『もしかしたら名探偵』
杉山亮(著), 中川大輔(絵)
145p ; 22cm 出版者:偕成社 ; (1992/03)

行方不明の本探しから、名画盗難事件の犯人まで、どんな難題もスルリと解決? 「解答編」を読む前にまずは推理してみよう! なんだかほのぼの、探偵ミルキー杉山シリーズの第一作。

■ 『そして五人がいなくなる―名探偵夢水清志郎事件ノート』
はやみね かおる (著), 村田 四郎 (絵)
新書: 275 p ; サイズ(cm): 18 出版社: 講談社 ; (1994/02)

白昼の遊園地で起きた連続子供消失事件の謎を、ものぐさおとぼけマイペースの名探偵・夢水清志郎がハッピーに解き明かす! 講談社青い鳥文庫の二枚看板、夢水清志郎シリーズの記念すべき第一作。

■ 『パスワードは、ひ・み・つ ―パソコン通信探偵団事件ノート』
松原 秀行 (著), 梶山 直美 (絵)
新書: 253 p ; サイズ(cm): 18 出版社: 講談社 ; (1995/06)

パソコン通信の「電脳塾」で出会った探偵団の仲間たち。ネット上での捜査会議を重ねている内に、本物の事件に巻き込まれてしまい――。はやみねかおるの夢水清志郎シリーズと並ぶ、青い鳥文庫の大人気シリーズ。

■ 『なぞのトランプ占い師 (コロッケ探偵団1)』
那須正幹(著), 西村郁雄(絵)
142p ; 21cm ; 出版社:小峰書店 ; (1998/09)

兄ちゃんが強盗事件の容疑者? コロッケこと衣川啓次郎は、兄の無実を晴らすため姉やクラスメイトと一緒に真犯人を突き止めようとする。そして巻き起こる大騒動、「ズッコケ三人組」の著者による新シリーズ第一作。

■ 『キャベたまたんてい なぞのゆうかいじけん』
三田村 信行 (著), 宮本 えつよし (絵)
単行本: 94 p ; サイズ(cm): 21 x 15 出版社: 金の星社 ; (1998/12)

キャベツビルにジャガイモ団地、ニンジン通りのある町で、子供を狙った誘拐事件が発生。捜査に乗り出したキャベたま探偵が看破した意外な動機って!? 愉快でシュールな世界観が魅力の人気シリーズ。

■ 『ふつうの学校 稲妻先生颯爽登場!!の巻』
蘇部 健一 (著), 羽住 都 (絵)
新書: 237 p ; サイズ(cm): 18 出版社: 講談社 ; (2003/04)

メフィスト賞作家・蘇部健一が満を持して青い鳥文庫に初登場。青陽小学校にやってきた新任先生は、素行不良の問題教師だった! 「よい子は絶対読まないでください!」――だけど読ませてしまいたい、ユーモア学園ミステリ。

■ 『黄金蝶ひとり』
太田 忠司 (著)
単行本: 312 p ; サイズ(cm): 19 x 13 出版社: 講談社 ; (2004/01/31)

五年生の夏休み、祖父が住む田舎の村で洸が出逢ったのは、山を守る“テツ”と一匹の蝶だった――。l講談社ミステリーランドが贈る、瑞瑞しい感性に溢れた冒険ミステリの決定盤。第21回うつのみやこども賞受賞作。

■ 『ポワロック氏の事件簿 ―まぼろしのロッセリーニ鉄道』
大岩 正幸 (著), 川田 敦子 (絵)
単行本: 159 p ; サイズ(cm): 22 出版社: 新風舎 ; (2004/11)

“しあわせの谷”の高級ホテルの一室に長期滞在し、決して素顔を見せない名探偵・ポワロック氏の活躍を、ホテルのフロント係・マリリン嬢が清楚な語り口で記した連作短編集。本格ミステリの魅力溢れる爽やかな一冊。


*海外編*

■ 『トム=ソーヤーの探偵』 原題:「Tom Sawyer, Detective」(1896)
マーク トウェーン (著), 斉藤 健一 (翻訳), 滝平 加根 (絵)
新書: 158 p ; サイズ(cm): 18 出版社: 講談社 ; (1995/07)

冒険大好きわんぱくトムと相棒のハックが、身内に科せられた無実の罪を晴らすため、探偵になって大奮闘! 文豪トウェーンによる『トム=ソーヤーの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』の続編。

■ 『エーミールと探偵たち』 原題:「mil und die detektive」(1928)
エーリヒ・ケストナー(著), 高橋健二(翻訳), ワルタ−・トリヤ(絵)
212p ; 21cm 出版社:岩波書店(ケストナ−少年文学全集)(1962)

祖母に会うためにベルリンへ出かけたエーミールは、列車内で大切なお金をなくしてしまいます。エーミールは旅先で出会った少年たちと皆で知恵を絞り、犯人を捕まえようとするのですが――痛快、爽快、そして心が暖かくなる名作。

■ 『古い柱時計の秘密 (少女探偵ナンシー)』 原題:「The secret of the old clock」(1930)
キャロリー・キーン(著)谷村まち子(翻訳)芙似原由吏(絵)
230p; 18cm 出版社:金の星社(フォア文庫) (1998/11)

偶然出逢った不幸な姉妹を救うため、遺言状探しをすることになったナンシー。強い正義感を持ち、抜群の推理力と行動力で鮮やかに事件を解決する、少女探偵の人気シリーズ。

■ 『ミルトン屋敷の謎 (五人と一匹)』 原題:「Mystery of the secret room」(1945)
エニード・ブライトン(著), 三津村卓ほか(翻訳)
381p ; 22cm 出版:実業之日本社 ; (2002/12)

ラリイ、デイジイ、ピップとベッツの兄妹、そして黒い子犬を連れた少年ファット。五人と一匹で結成した探偵団が、村で起こった数々の事件を解決していきます。NHKでドラマ化されたこともある、友情いっぱいの少年探偵団もの。

■ 『名探偵カッレくん』 原題:「Masterdektioen Blomkvist」(1946)
アストリッド・リンドグレーン(著), 尾崎義(翻訳), エ−ヴァ・ラウレル(絵)
270p ; 18cm 出版社:岩波書店(岩波少年文庫) ; (2005/02)

カッレ・ブルムクヴィストは名探偵をめざす少年。ある日、親友エーヴァ・ロッタのおじと名乗る怪しい男が街にやってきます。今こそ名探偵の出番だ!カッレは男の正体を暴こうとするのですが……。友情と正義を大切にする、まっすぐなこどもたちの物語。

■ 『大どろぼうホッツェンプロッツ』 原題:「Der Rauber [Ra¨uber] Hotzenplotz」(1962)
オトフリート=プロイスラー (著), 中村 浩三 (翻訳)
単行本: 184 p ; サイズ(cm): 22 出版社: 偕成社 ; 改訂 版 (1990/05)

おばあさんのコーヒー挽きを奪った、憎き悪漢ホッツェンプロッツを捕まえるため、ふたりの青年が立ち上がった! 大捕物に大魔法使いまで絡んできて、事態は思わぬ方向へ。二転三転するドイツの大定番冒険活劇。

■ 『こちらマガーク探偵団』 原題:「The Nose Knows」(1973)
E.W. ヒルディック (著), E.W. Hildick (原著), 蕗沢 忠枝 (翻訳), 山口 太一 (絵)
単行本: 162 p ; サイズ(cm): 19 x 13 出版社: あかね書房 ; 新装版 版 (2003/11)

ジャック・マガーク、ズンチャッチャ! 自己主張の強い仲間ばかり集まったマガーク探偵団が、それぞれの特技を活かした大人顔負けの活躍で事件を解決する、英国の子供たちに大人気のシリーズ第一作。

■ 『ナターシャ、ぼくを見て!』 (1977) ※米国での出版年
アナトーリ・アレクシ(著), 佐伯靖子(翻訳), セルゲイ・ユキン(絵)
277p ; 23cm 出版社:新読書社 共同刊行:ラ−ドガ出版所(モスクワ) (1988/12) *絶版

有名作家の仕事場を訪ねた「文芸クラブ」の仲間たちは、思いがけない恐ろしい出来事に巻き込まれることに……。探偵志望の少年によって明らかになる驚きの真相は一見の価値あり、ロシアの児童向け作品。

■ 『名探偵カマキリと5つの怪事件』 原題:「Trouble in Bugland」(1983)
ウィリアム コツウィンクル (著), 浅倉 久志 (翻訳)
単行本: 213 p ; サイズ(cm): 19 x 13 出版社: 早川書房 ; (2002/11)

名探偵カマキリと助手のバッタ博士が、チョウの消失、首なしの怪物、王冠の盗難といった多彩な事件に挑んでいく、個性豊かな昆虫たちをモチーフにした、冒険色メインの児童向けホームズ・パスティーシュ。

■ 『めいたんていネート きえた草のなぞ』 原題:「Stalks Stupidweed」(1987)
マージョリー・W.シャーマット (著), 神宮 輝夫 (翻訳), マーク・シマント (絵)
単行本: 48 p ; サイズ(cm): 21 x 15 出版社: 大日本図書 ; (2002/03)

オリバーが大切にしている「スーパーざっそう」が消えちゃった! 解決を依頼された名探偵ネートは、犬のスラッジと共に捜査を開始します。アメリカで長く愛されている「ぼくはめいたんてい」の最新シリーズ。

■ 『スロットルペニー殺人事件』 原題:「The Throttlepenny murder」(1989)
ロジャー・J・グリーン(著), 宮下嶺夫(翻訳)
324p ; 20cm 出版社:評論社 ; (1998/03)

高級食料品店の店主、エゼキエル・ドブソンが殺された。容疑者として捕らえられたのは、十三歳の少女ジェシー。誰もが彼女の犯行だと疑わないまま、裁判の日は近づいて……。エドガー賞受賞作。

■ 『宝の地図のひみつ (4と1/2探偵局)』 原題:「4 1/2 Freunde」(1992)
ヨアヒム・フリードリヒ(著), 鈴木仁子(翻訳), 絵楽ナオキ(絵)
239p ; 22cm 出版社:ポプラ社 ; (2004/08)

目指すは、「五人と一匹」みたいな探偵団! 偶然見つけた宝の地図の謎を解くため、奔走するのは4人と半分? 世界40カ国で親しまれている人気シリーズ第一巻。

■ 『少女探偵サミー・キーズとホテル泥棒』 原題:「Sammy Keys and the Hotel Thief」(1998)
ウェンデリン v. ドラーネン (著), Wendelin van Draanen (原著), 加藤 洋子 (翻訳)
単行本: 207 p ; サイズ(cm): 21 x 15 出版社: 集英社 ; (2003/04)

痩せっぽちだけど負けん気は人一倍、活発で好奇心旺盛な女の子サミー・キーズが、偶々覗いた望遠鏡でホテル泥棒を目撃してしまったからさあ大変! エドガー賞受賞の痛快ミステリ。

myscon on 2005/5/8 - 22:23:33 in MYSCON6個別企画

4 Responses to “児童向けミステリ企画 - 作品紹介”

  1. 青空をさんぽ。 responded on 2005/05/11 at 6:41:18 #

    [MYSCON][児童向けミステリ]作品紹介

    遅くなってしまいましたが、MYSCON6の個別企画「児童向けミステリ(仮)」にて紹介した作品を公式サイトに掲載しました。 よろしければ児童向けミステリの世界を探…

  2. TNM BLOG responded on 2005/05/11 at 11:53:50 #

    [MYSCON] 児童向けミステリ作品紹介

    -MYSCON6 児童向けミステリ企画・作品紹介 http://myscon.ore.to/archives/2005/05/post_13.html 今更…

  3. 雲上四季 responded on 2005/05/14 at 16:37:32 #

    [myscon]児童向けミステリ企画の作品紹介

     が、公開されました。 http://myscon.ore.to/archives/2005/05/post_13.html  特に仕事をしていない秋山ですが、…

  4. ぽんすけmemo responded on 2005/05/15 at 13:34:20 #

    児童向けミステリ

    ミスコンの、 児童向けミステリ企画 - 作品紹介:MYSCON が公開されてます

コメントをどうぞ