MYSCON10 夜の部:企画報告6【MYSCONオークション(たぶん)最後】

プレMYSCONが飲み会企画であるにもかかわらず、居酒屋の片隅で強引にオークションを行った思い出も今や昔。MYSCON皆勤賞というか、開催のたびに毎回必ず行われてきた古本オークション。しかし、インターネットを通じての古本ビジネスや某密林の隆盛などもあり、実際目の前でやり取りする企画はもう時代遅れなのではないか? ということで、今回はついに「MYSCONオークション(たぶん)最後」と題して行いました。

スタッフ側にも余裕がなく、事前登録も当日の落札記録もなし。「当日、古本持ってきて!」という号令に応じていただきました参加者の厚意によって、今年も立派なラインナップを揃えて古本オークションを開催することができました。

開始。しかし……安い! 安すぎる! みんなお買い得! 上手なお買い物! ポケミスの効き目が○百円? 探しても見つからないあのミステリがたったの○○円? と希少価値の高いはずの本が意外な安値で買われる一方、え、なんでこの本競り合うの? という本もやっぱりあったり。 誰かが競り落とすたびにみんなで拍手。某サークルの同人誌が最後まで登場せず、本の前で身もだえする人が出てきたり。財布の中身を数えながら十円単位で競る人が出てきたり。本性顕わ、虎視眈々の人間模様。やっぱりオークションは面白い。

最後の一冊の競りが終わったあと。MYSCONオークションを打ち止めにして良いものか。わたしはオークション参加者に尋ねました。

「来年もオークション、やった方が良いでしょうか? そう思われる方、手を挙げてください」

その結果は……。

まずは今回、ご参加、出品いただきました方々全てにまずは御礼申し上げます。ありがとうございました。

そして。

「そこにMYSCONがある限り、古本オークションは続いていく(たぶん)」 (by MYSCONスタッフ フク)

sasashin on 2009/6/10 - 0:57:42 in MYSCON10, MYSCON10レポート

この記事のトラックバックURL

コメントをどうぞ