カテゴリ「MYSCON12」内の記事

MYSCON 12 終了しました

MYSCON 12 は無事終了いたしました!

参加者の皆様、ご協力いただいたみなさま、誠にありがとうございました。

参加者の皆様のおかげを持ちまして無事に終了することができました。心より感謝しております。

これからも皆さんと一緒にミステリを楽しみながら盛り上げていければと考えておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

No Comments »

sasashin on 2014/11/4 - 7:39:11 in MYSCON12

MYSCONからのご案内メール(その3)

参加者の皆様方に「MYSCON 12 からのお知らせ vol. 3」というメールを配信いたしました。
当日の注意事項等を記載しておりますので、どうぞご確認ください。

万が一、お手元に届いてない、という方がいらっしゃいましたら info@myscon.net までご連絡ください。

No Comments »

sasashin on 2014/11/1 - 18:10:56 in MYSCON12

MYSCON 12 個別企画「ミステリ作家としてデビューするということ――新人賞の話など―― K島(東京創元社)×高塚菜月(早川書房)」

突発的に決まりましたので、具体的になにを話すかまったく決めていません。それぞれの社でミステリーズ!新人賞、アガサ・クリスティー賞の選考に関わっているふたりの編集者が、過剰に実践的すぎて逆に役に立たない新人賞必勝法、あるいはミステリ系新人作家の近年の活動についてなどを、当日の状況に合わせてのんびりお話しすると思います。

突発的に決まった割には超豪華なこの企画!
ミステリ作家としてのデビューを目指すあなた! もしくは新人作家の動向が気になるあなた! さらには新人作家の方々! 必聴です!

No Comments »

myscon on 2014/10/29 - 23:26:17 in MYSCON12

MYSCONからのご案内メール(その2)

参加者の皆様方に「MYSCON 12 からのお知らせ vol. 2」というメールを配信いたしました。
ご確認ください。

万が一、お手元に届いてない、という方がいらっしゃいましたら info@myscon.net までご連絡ください。

No Comments »

sasashin on 2014/10/28 - 23:48:15 in MYSCON12

MYSCON 12 個別企画「光文社カッパ・ノベルスの偉業(略称:かっぱの)」

昨年のMYSCON11では、個別企画「講談社ノベルスを中心に個人的に一番面白かった新本格をまったりゆるく語り合ってみたら意外と 面白いことがあるかもしれない企画(略称:ここイチ)」を開催しました。――何じゃこの、センスも無く面白くないだらだらとした題名、売れ損ないのラノベじゃあるまいし……。

ただ、参加者のヘルプを得ながら、リストを眺めつつに講談社ノベルスの歴史を振り返ってゆく企画、「あれあれ、面白かったよー」「これは実は隠れた名作」「昔読んだけど、中身覚えてないや」等々、忘れかけていたあの作家、作品、読んでいなかったあの作品の知られざる内容等々、思わぬ気付きが連続する好企画でした。そうだったはずだ!
 
今回、MYSCON12の開催にあたってスタッフから「フクさんで企画枠一つ」と当然のように割り振られ、泰然として受けた結果は天然もののこの企画、今回はかっぱの、です。カッパノベルスです。光文社です。参加者参加型企画です。

現在作業中ですが、ちょろちょろっとリストアップするだけで名作がざくざく出てきて困ってしまうレベルですよ。50年以上の歴史を持ち、二千冊弱の冊数があります。当然フクが一人でガイド役をこなせる訳もなく、昨年と同様「代表作『イニシエーション・ラブ』の映画化が最近発表されたあの方」にもお手伝い頂けることになりました。

この数年、勢いがなく、このまま消滅してしまうかもしれないカッパノベルス、その全容を俯瞰してみませんか?(企画に割り当てられた時間的に、全部は無理かもしれませんが……)

ま、企画時間帯で行き場所に迷ったら来てみてくださいな。聞いているだけでもOKです。(最後の一文だけは昨年と同じ)

No Comments »

sasashin on - 16:53:17 in MYSCON12

MYSCON 12 深夜企画「深夜の人狼」

こんにちは、スタッフの秋山真琴です。

直前での告知になりましたが、毎年恒例の深夜企画として、今年も「人狼」を遊びたいと思います。

昨年からテレビで人狼番組が放映され認知度も上がっていますが、我々のような清く正しく美しいミステリ読みは、元来、積極性に欠け、初対面の方と赤面せずに威勢よく議論を交わすことはできないはずです。そこで、初参加の方でも、初心者の方でも楽しめるように、いろいろと工夫を凝らしたうえで、のんびり開催したいと思います。やってみたいけれど機会がなかったという方、まずは観戦してみたいという方、この機会に是非、お集まりください!

人狼とは

善良な村人陣営と、村人を装いつつも夜ごと牙を剥く人狼陣営とに分かれて遊ぶ、紳士と淑女のコミュニケーションゲームです。
村人陣営は占いや霊能といった能力を駆使して人狼を処刑し、人狼は自分たちが処刑される前に村人を襲撃することが目的となります。求められるのは、洞察力に説得力、そしてポーカーフェイスです。

人狼のバリエーションについて

人狼には、いくつかのバリエーションがあります。
深夜企画では参加人数や、参加者の経験値に応じて臨機応変に遊ぶ「人狼」を選びたいと考えています。

深夜企画について

その名の通り、すべての個別企画が終わった後、深夜に開催される企画のことです。
体力の余っている方だけご参加ください。もちろん観戦だけも歓迎です。

No Comments »

sasashin on - 16:52:57 in MYSCON12

MYSCONからのご案内メール(その1)

参加者の皆様方に「MYSCON 12 からのお知らせ vol. 1」というメールを配信いたしました。
ご確認ください。

万が一、お手元に届いてない、という方がいらっしゃいましたら info@myscon.net までご連絡ください。

No Comments »

sasashin on - 1:34:10 in MYSCON12

MYSCON 12 個別企画「深夜プラスワンに高い砦から鷲は飛びたった 冒険小説復権企画(β版)」

冒険小説という名の島がある。ミステリ大陸の南に浮かぶ辺境の島だ。

大陸の住人の中には「呪われた島」と呼ぶ者もいる。絶版と品切重版未定が数多くあるがゆえに。そして、傭兵や暗殺者など忌まわしい生き物が数多く住むがゆえに……。

そんな忘れ去られた感すらある冒険小説を愛するMYSCONスタッフのひとりであるshakaが、長年に渡り温めていた(?)冒険小説の素晴らしさについて未練たらたらに語るという、年寄りのどうでもいい戯れ言企画です。

とはいえ、単につらつらと冒険小説の面白さについて語るだけでは場末の飲み屋で語るオヤジとそう変わらないので、一応は体裁らしきものを整えて語ろうかと考えています。

現時点で考えているのは内容は以下の通り。

  • 冒険小説とはなにか?
    - その定義
    - 作品

  • 冒険小説の魅力
     - キャラクターとストーリー
     - その他

  • 21世紀冒険小説
     - 現代における冒険小説
     - 冒険小説は再び盛り上がるのか

などなど(適当です)。

いずれもshakaの高慢と偏見による勝手な解釈を述べるだけですので、正確性や網羅性には著しく欠ける内容にはなると思いますが、今回の企画を経て、ある程度きちんとしたものにしていけたらいいな、と考えておりますので、「β版」と銘打っております。

果たして、ジャンルとして忘れ去られた冒険小説の、それもオヤジが勝手に語るだけの、しかもβ版と銘打たれている企画に人が集まるのかわかりませんが、参加者が一人でもいれば、とりあえず語る予定です。

皆様のご参加を是非、お待ちして、いるようないないような。

No Comments »

sasashin on 2014/10/24 - 17:03:44 in MYSCON12

MYSCON 12 全体企画「第1回MYSCONビブリオバトル」

テーマは「東京創元社の本」! 参加者募集します!

「知的書評合戦」とも呼ばれるビブリオバトルですが、要するに、「自分が面白いと思った本について語り合う」、ただそれだけです。持ち時間は5分、短すぎても長すぎてもダメ。パソコンも紙芝居も使わずに、「語り」だけで勝負します。

そんなビブリオバトルをMYSCONでも開催することにしました。そこで、このビブリオバトルに「我こそは参戦したい!」という参加者を募集します。

今回はひとつだけ、語る本についてMYSCONならではの縛りを設けてみました。そのお題とは「東京創元社の本」。東京創元社の本であればミステリだろうとSFだろうとホラーだろうとなんでもかまいません(とはいえ、そこはそれ、MYSCON参加者が観客ですから……あとはわかるな?)。

なんで東京創元社の本に限るのかって?

それはですね、今回のビブリオバトルに優勝した方には、東京創元社様提供の素晴らしい賞品が当たるからです!

今回のビブリオバトルに優勝すれば、今世間で話題(?)の、あのキャラクターのぬいぐるみが貰えたりしちゃうかも!? その他豪華(?)賞品も!あなたも是非、ビブリオバトルに参加して、あなたが大好きな本の面白さについて熱く語って、ついでに優勝して東京創元社グッズを手に入れてみては?

どうせMYSCONに参加するなら、お気に入りの本について暑苦しく語ってみるか、という皆様の参戦をお待ちしています。

  • まずはMYSCONに参加申し込みいただき、その上で、サブジェクトを「ビブリオバトル参加希望」、本文に「ハンドル名」と「取り上げる本」を記載の上 info@myscon.net までご連絡ください。
  • 参戦希望者多数の場合は調整させていただく場合があります。
  • 投票者として参加する場合は特に参戦希望のお申し込みは必要ありません。

※ ビブリオバトルという名称の使用については、ビブリオバトル普及委員会により、公式ルールを遵守した上での使用が義務づけられています。
公式ルールは以下の通りです。詳細についてはビブリオバトル普及委員会のサイトをご覧ください。

【公式ルール】
発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.
順番に一人5分間で本を紹介する.
それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.
全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.
http://www.bibliobattle.jp/

No Comments »

sasashin on 2014/10/23 - 17:33:16 in MYSCON12

MYSCON 12 参加申し込みの受付開始!

※ 受け付けは終了させていただきました。

 大変、お待たせ致しました。
 MYSCON 12の参加申し込みを受付開始します!

MYSCON 12開催概要

概要
日程:2014年11月2日(日)~11月3日(祝)
会場:鳳明館森川別館(鳳明館公式サイト
会費:7000円(日帰りプランの方は5000円)
タイムスケジュール
14:30 - 16:00 受付開始&交流タイム
16:00 - 17:00 開会宣言&青崎先生インタビュー
17:00 - 18:20 全体企画
19:30 - 20:30 個別企画1枠目
20:50 - 21:50 個別企画2枠目
22:10 - 23:10 個別企画3枠目
23:30 - 24:30 深夜企画

No Comments »

myscon on 2014/9/28 - 12:45:36 in MYSCON12

MYSCON 12 個別企画「MYSDOKU 14 in MYSCON『霧越邸殺人事件』読書会」の発表

 9月に突入し、涼しくなって来た今日この頃。皆様、いかがお過ごしでしょうか?
 スタッフのみっつと申します。

 MYSCON12まで残り2か月。個別企画「MYSDOKU 14 in MYSCON『霧越邸殺人事件』読書会」のお知らせです。

 恒例の読書会ですが、今回の課題図書は綾辻行人『霧越邸殺人事件』です。
新本格の旗手・綾辻行人先生の「館」シリーズと並ぶ代表作を皆で語り合いませんか?

 角川文庫から上下巻で刊行されている「完全改訂版」を読んで頂いた上でご参加をお願いします。
また単行本や新潮文庫版で読んだという方もお気軽にご参加下さい。
折角の機会ですので、新版と旧版の比較検討もやってみたいと思っています。

それでは宜しくお願いします!

MYSDOKU 14 in MYSCON『霧越邸殺人事件』読書会

読書会とは
 参加者全員で、事前に課題図書を読んでおいて、感想や意見を交換する集まりのことです。
「このトリックが面白かった!」「私はこのシーンが好き」と感想を共有するのも楽しいですし、「ここに伏線があったの気づいてました?」「このキャラは同じ作者の違う本にも登場しています」と理解を深めるのも楽しいです。
MYSDOKUとは
 MYSDOKUとは、MYSCONスタッフによって開催される読書会の名前です。
 今まで年に数回のペースで開催していましたが、今月はMYSCONの個別企画のひとつとして開催させて頂きます。事前に小説を読んでさえいれば、誰でも参加できる気軽な会ですので、是非、ご参加ください。

No Comments »

myscon on 2014/9/3 - 8:49:16 in MYSCON12

MYSCON 12 タイムスケジュールの発表

 開催まで残り2ヶ月強となりました。
 そろそろ色々な企画を発表していきたいところですが、まずは、タイムスケジュールからの発表です。

14:30 - 16:00 受付開始&交流タイム
16:00 - 17:00 開会宣言&青崎先生インタビュー
17:00 - 18:20 全体企画
19:30 - 20:30 個別企画1枠目
20:50 - 21:50 個別企画2枠目
22:10 - 23:10 個別企画3枠目
23:30 - 24:30 深夜企画

 今年は青崎先生のインタビューから、そのまま全体企画へと移り、休憩を挟んでから、個別企画の3連発を予定しています。
 各個別企画枠においては、2部屋で異なる企画が行われる予定で、参加したい方にご参加いただけます(どちらの個別企画も興味ないという方のために、談話スペースとして大広間と喫煙室も解放しています)。肝心の個別企画については、続報をお待ちください。では!

No Comments »

myscon on 2014/8/25 - 12:43:58 in MYSCON12

MYSCON 12 ゲストの発表

 3月末に取り急ぎ開催することだけ発表したMYSCON 12ですが、スタッフ一同、着々と準備を進めております。
 さて、本日はゲストの先生を発表します。

 MYSCONでは第0回より、ゲストの先生をお招きし、お話をお伺いしております。
 今回、お招きするのは『体育館の殺人』で第22回鮎川哲也賞を受賞した青崎有吾先生です。体育館という日常的な空間を舞台として選びながら、繰り広げられるロジックはエラリー・クイーンを思わせる硬質なもの。『水族館の殺人』、『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』と精力的に新作を発表しており、現代を代表する新進気鋭の本格ミステリ作家です。

 スケジュールは別途発表予定ですが、インタビューは開会直後に行う予定で、日帰りプランの方もお聞きいただくことが可能です
 尚、当日、インタビューの後にはサイン会も予定しております。是非、先生の著作をお持ちください。
 よろしくお願いします。

No Comments »

myscon on 2014/7/25 - 14:10:44 in MYSCON12

MYSCON 12のお知らせ

 今年も開催します!
 泊まりがけのミステリ系イベントMYSCONです。
 日時は2014年11月2日(日)から11月3日(祝)に掛けて。前回同様、日帰りプランも用意します。
 場所は、いつも通り、鳳明館森川別館です。
 ゲストも呼ぶ予定ですので、是非、予定を空けておいてください。
 参加募集の開始と、詳細に関しては随時、お知らせしていきますので、よろしくお願いします。

1 Comment »

myscon on 2014/3/31 - 18:07:39 in MYSCON12